ノアール

NPOノアールとは、熊篠慶彦さんを理事長に、障害と性、エロスを主題にして活動する団体です。

 

 

team Okaにはノアールとの共同企画制作のイベントがある。2004年には、熊篠氏を追うドキュメンタリー映画「Project s/Ex」の制作過程から、新宿歌舞伎町ロフトプラスワンを会場にして、フリーライターの渡辺一史さん、河合香織さん(それぞれ、「こんな夜更けにバナナかよ」「セックスボランティア」という著作をもつ)に岡原を加えたトークショーを実施(「ペロリンピック」、アテネ五輪の名残ゆえか?)。その後、ノアールとの共同チーム(07年までロフト班と呼ばれた)、歌舞伎町のプラスワンや、百人町のネイキッドロフトを会場にして有料のイベントを制作する。

 2005年には、脳学者茂木健一郎、恋愛相談のキャシー天野さんをゲストにした「恋のバリアフリー大作戦」、2006年にはオムツの専門家柏倉義子さんをゲストにして、おしゃれなオムツの試作をした「オムコレ2006」、2007年には、視覚障害を主題に会場全体を暗闇にして行われた「幸せのカタチ」、ゲストは盲導犬ユーザーの池田純さん。2008年はロフトを離れて、森山風歩さんをゲストにした講演会を実施。2009年度はノアール結成5周年を記念した、コンテストを実施している。